ホーム > ソマティックヒーリング体験談・感想

40代 女性  腰と右下肢、首まわりの違和感

さてさて、昨晩9/9のソマティックヒーリングの記録です。
ソマテイックヒーリングについては
萩原先生のクリニックのHPに詳細な説明がありますが、
もしご興味があれば体験するに限りますね!
といってもどんななの??という方は
「ソマティック・ヒーリング外来(体細胞療法)」をご覧ください。

まず問診表に氏名住所など記入してカルテを作成していただきます。

私は首まわりの重だるさと右に強い腰の緊張について氣になります、と書きました。 催眠療法について、ソマテイックヒーリングについて、萩原先生から簡潔にわかりやすい説明がありました。

そしてセッションをしてくださるセラピストの方々(7、8名私のときは全員女性)がお名前を自己紹介してくれました。
私も自分について簡単にシェアしてセッション開始です。

部屋が暗くなり私はベットの上に仰向け。
タオルをかけてくれます。
萩原先生は頭の上、ほかのセラピストの方たちは私の周囲を取り囲んで座っています。
セラピストの皆さんがはじめる合図として
全員で心を1つにして手をつないでいたようです。
呼吸を指示されて先生の誘導で催眠に入ります〜

すんなり♪
先生からもはじめに説明がありましたが
催眠状態というのはよくある意識状態ですからコツとしてあえていうなら
出だしは『・・・・のつもり〜』の感覚でいるといい感じです。
先生の誘導でグラウンデイング、センタリング、カラーヒーリングなどが進み
すっぽりとガスの炎の一番綺麗なゆらめく色の繭にエネルギーフィールド全体が包まれました。
この繭は、かなりはっきり感覚があってビーンズみたいなかたち、
ヴィジョンでもみえました。美しかったです。
そしてセラピストの皆さんが一斉に言葉をつぶやくのですが

例えば
<優香さんのカラダはどう動いたら首がすっかり自然な状態になるかわかっていますよ〜>
<カラダは全部知っていますよ〜>
<骨盤がどんどん楽になっていきますよ〜>などなど。
それがオーケストラのように
私を包んでいる繭をヴァイブレートする!!んですが
この振動がものすごくって
催眠から起き上がりそうなくらい(笑)ゆれてゆれて〜
ウオーターベットのコアにいて周りが細やかにゆさゆさしている感じ。
言霊でエネルギーが動かされていました。

次第に右下肢が自然にゆっくりと動き出して
ストレッチしている感じ。
その他、胸を開いて、右下肢、骨盤などがそうしようとは思わないけれど伸びていきました。
先生から、何かして欲しいことがあったら言ってください、と誘導がありました。
右大腿部あたりを揺り動かしてください、
下腹部に手を置いてください、
両あごの付け根をさすってください、
右眼の上、空中にある膜を取り払ってください、

などのリクエストを思いついてわたしが言ったとおりにセラピストの方たちがやってくれます。(中には歌を謡って欲しいとかそういうケースもあるそうです)
それで感覚的にも右大腿部あたりの流れがよくなって
右眼の膜も次第になくなって
あごの緊張も解放されていって〜

体感はスムースに流れる光り輝くハチミツ状の私、繭に包まれて輝く〜〜みたいな感じ。
確かその後全身をスキャンしてください、という誘導があって
右ソケイ部あたりに左に比べて大きなドロッとして粘調なものがあり
それを誘導でみていくと前の記事の女中さんのお話に。
このワークが一区切りしたあと、先生が

では、優香さん、インナーヒーラーさんに会いますか?と。
ハイ、と応えます。

先生;インナーヒーラーさんはどこにいますか?
私;私の中です。どちらかといえば男性っぽい感じ。
質問と同時にハートのところに黄金色に光る上半身のエネルギーがでてきました。
先生の誘導でインナーヒーラーとコミュニケーションをしました。
そこでもお〜!と氣付きがあったのですが
まとめるとこういうことでした。
<腰と右下肢、首まわりの症状について>
*私自身がおそらくそうじゃないか、と洞察していたように腰の不具合と首の不具合はつながっている。

*人のエネルギーフィールドは多層性なのでチャクラを通じてエネルギーの行き来やつまりが生じる。

*自己価値感と表現のパワーについての制限がエネルギーワークで解消された。

<インナーヒーラーとの関係性について>
*これまで私が提供するワークでは、自分と存在(スピリット)とわけてワークしていたと思っていたようだが、それは私の思い込み。

*自分で自分の中のインナーヒーラーがワークしていると認識すると危険だと思う信念体系があったので、自分と外側の存在とコミュニケートしている、と思いこんでいた。

*そのほうが安全だと私が思っていたからそうしていたまでで、インナーヒーラーのパワーを自分自身のものだと宣言することを認めていなかった。

*このセッションでもう認識できたのなら、これから先は自分の中のインナーヒーラーがワークすることを許可したらいいんじゃない?もうそうしたければどうぞ。

こんな感じだったかな〜

最後のほうはずっと右回転、左回転とエネルギー体がぐるぐる回転していて
古いエネルギーをお掃除しているようでした。

先生に何か他にありますか?と聞かれて
もうOK!という感覚があって
私のソマティックヒーリングセッションは終了しました!
それまでずっと包んでいた繭がパチンとはじけて
催眠が終了しました。
記録は以上!

面白いですね〜
帰りの電車の中でわすれないようにノートに記録を書いて〜
お家についてカレーを食べました♪
身体の変化は48時間くらい継続すると思いますので
観察をしています。
またおもしろいことがありましたらシェアしたいと思います!

「翌日のブログでのコメントです」

萩原先生のクリニックで受けたソマティックヒーリングの後にも同じ感覚がありました。
今のドーセージボトル(調合ボトル)に7種のエッセンスをブレンドしていましたがMovingForwardのほかにRejuvenation レジュブネーションも入れていました。

このRejuvenationは別名よみがえり。
サイキックレベルと細胞レベルの深いところからよみがえらせてくれます。
ありのままの自己を体現するために。若返りに。休息を必要としているときに。

ソマテイックヒーリングでも
細胞レベルでの変容がおこっているわけですから
意味するところは同じベクトルで
それも自分の中でシンクロ感がありました。

そして、記録の追記を。
ソマティックヒーリングのセッションにて
インナーヒーラーとの会話で私にアドバイスがありました。
書きもれていたのでこちらに追記をしておきます。

*素晴らしい本に書いてあること、偉大な人が言っていることや教えていることと自分の感じた感覚が異なっていても、自分の感覚を探求していきましょう

これは、
自分を信頼せよ、ということではありますが
探求
ということに重きをおいた姿勢だと感じました。
例えば、
本に書いてあることと私の感じたことがそのときちょっと違っていても
自分の感覚のほうが正しいですよ、ということを言いたいんではなくて
一探求者として、ワクワクした好奇心をお供に自分の感覚を磨いていくことにフォーカスしましょう、というメッセージでした。

いま私が感じているのは
癒しとか
全体性への回帰とか
統合とか
それらは一連の流れの中にすでにあるものだ、という思いです。

まあちゃんも同じニュアンスのことを言っていたけれど
個人セッションを受けたりすると
いわば儀式なのでそれがすごく大きなイヴェントのように思えるけれど
思考が欲するわかりやすい目印みたいなもので
生きていることの当たり前にそなわっている属性として
いまも回帰がなされている〜
そんな思いを強くもっています。

▼体験談、感想一覧

Copyright (C) 2013 イーハトーヴクリニック催眠センター All rights reserved.