ホーム > ソマティックヒーリング体験談・感想

56歳女性  右股関節痛

私は昨年の11月に右足の股関節の痛みのソマティック・ヒーリングを受けました。股関節は先天的な亜脱臼だと10歳の時に検査して診断され手術を勧められましたがそのまま45年、天候や運動で痛みが時々出ていてソマスティックを受けた時はかなり痛みが出ていた時でした。

催眠に入って「あなたの身体の痛みを楽にするための動きをあなたの潜在意識は知ってるよ」とセラピストの声が聞こえると左手が勝手に動き出したり胃の辺りが体の奥のほうから何だかムグムグと動きだし、全身が動きだしたのです。私が動かしているんじゃなくて・・本当にびっくりです。

そして「溜まっているものを全部だしていいよ」という声に涙が出てきてそれと同時に12歳位の白っぽい髪の女の子が暗い地下室の中で泣いている姿が見えました。

不思議なことに私にはその娘がミーシャという名前でダウン症だということや右足が萎えていること両親が貧しくて村の酒屋に預けられていることや何か大切なものが無くなって疑われて地下室に入れられていることが解りました。一人ぼっちで暗い冷たい地下室に閉じ込められている「怖いよー」「寂しいよー」というつらい気持ちを誰かに知って欲しかったのだ・・ということが私にしっかりと伝わってきました。私はミーシャの心の痛みをリアルに感じて涙が流れ続けました。ミーシャも私も癒されていくのを感じていました。そして股関節の痛みをとうして私に気づいて欲しかったのだと思いミーシャが大変愛おしく感じられました。



そして現在、ソマティック・ヒーリングを受けて10か月になりますがこの10か月股関節の痛みは感じていません。

なお私の場合はセッション直後は痛みは余り変化していませんでしたが一週間後には痛みがなくなっていました。

私のソマティック・ヒーリングに参加して下さったセラピストの方々に感謝しています。ありがとうございました。

▼体験談、感想一覧

Copyright (C) 2013 イーハトーヴクリニック催眠センター All rights reserved.